DC-G9の充電池の代用品として、PENTAXの充電池を試してみた

 Lumix一眼シリーズの内、動画向けハイエンドのGHシリーズで採用されている充電池(DMW-BLF19)は、PENTAXの上位モデルK-1, K-3, K-5などの充電池(D-LI90, D-LI90P)と、ほぼ同等品だというのは割と良く知られたところ。そして、DMW-BLF19は、この度購入したDC-G9にも採用されている。

 ただ、電池下面の切り欠きに多少違いが有って、D-LI90,Pの方は一部を削り落とさないとLumixの本体に挿入できないということで、そのまま使える訳ではない。また、電池の製造年代か何かの要因で、Lumixには使えないことが有る、という情報を見たような見ないような… という訳で、以下の内容を皆さんが検証する場合は、あくまで自己責任でどうぞ。

 ウチには元々、PENTAXのK-5, K-3が有って、それぞれの充電池としてD-LI90Pが2本ある。そこで、そのうちの古い方(K-5に付属していた方)の突起を削って、DC-G9で使えるか試してみた。電池の製造年代は2011年9月のもの。突起はカッターや果物ナイフとペンチを使って、ちょっと手間はかかったが削ることはできた。削り跡が尖っているとケガをしたり、電池が本体から出さなくなったりして困りそうなので、一応爪切りのヤスリで端面を整えておいた。

 で、肝心の使えるかどうかだが、問題無く電源は入り、普通にシャッターを切ることができた。DMW-BLF19と同じくらい持つかどうかは分からないが、予備電池として持っておく分には大きな問題は無いだろう。ミラーレス機の宿命的な欠点の一つが電池持ちの悪さで、予備電池をどう手配しようか考えていたのだが、当面購入しないで済みそうだ。

【GANREF転載】LUMIX G9がやってきた&E-M1旧とのざっくり比較

 2018年のトンボシーズン開幕も近づいてくる中、「今年は2シーズンぶりにカメラを更新しようか」と、昨年末から考えて来ました。レンズ資産から、機種はPENTAXかμ4/3ですが、昨年からメインはμ4/3に切り替えているので、オリンパスのE-M1 MarkIIとパナソニックのDC-G9で悩んだ末、最終的にDC-G9を選択しました。旧型のE-M1を使っていたので、通常ならE-M1IIを買う所ですが、あえてG9を選択した理由と、ざっくり弄ってみて感じたことなどを。

続きを読む

久しぶりのデジカメ更新

 ここ2年程、オリンパスのE-M1をメインに、ペンタックのK-3をサブとしてトンボを撮ってきました。その後、ペンタックスの方はめぼしい新型が出ませんでしたが、オリンパスの方は満を持した形で、昨年E-M1 MarkIIを発売。昨シーズンはそれを横目で見ながら、機材更新のタイミングを計っていましたが、今年の撮影シーズンが近づいたこの時期、やっと新しい機種を入手しました。

 と言っても、実際に買ったのはE-M1IIではなく、パナソニックのDC-G9 PROです。E-M1IIはスチル撮影機としての機能的には申し分ないのですが、オリンパス特有のインターフェースの癖が旧機種と大差なく、釈然としないところでした。そんな中、動画機中心の展開だったパナソニックから、降って湧いたように投入されたスチル特化機のG9は、これまでパナソニックを敬遠していた層にも衝撃を与えるものでした。E-M1IIにはなかったレンズキットが設定されたこともあって、かなり高価で躊躇はしたものの、ついに購入に至りました。

 まだ本格的には撮れていませんが、ざっと弄った感じでは、E-M1IIよりも普通の一眼レフ機に近い操作性で、結構使いやすい感じです。今シーズンはこの機種をがんばって使いこなして行かなくては…

f:id:furutone_tombo:20180318094117j:plain f:id:furutone_tombo:20180318094128j:plain

【GANREF転載】'17シーズン トンボ撮影振り返り (10) オオセスジイトトンボ

 ネガティブな話題で残念なのですが、今年の重大トピックスとして、地元でのオオセスジイトトンボ生息地の壊滅に触れない訳にはいきません。ここ数年どんどん数を減らしていて、昨年にはついに金網に囲まれた池の中でほんの数匹を確認するに留まるところまで来ていましたが、今年は完全に姿を消してしまいました。それも、ただこのトンボが居なくなるだけでなく、蓮を始めとする水生植物もろともに、生態系全体がほぼ全滅するという破滅的状況に…
 これにより、関東で広く知られているオオセスジイトトンボ生息地は1箇所だけになってしまったものと思われます。数年前までは、自宅から車で5~10分の場所でいくらでも撮影できたのに、今や2時間以上かけて朝早くから出かけて撮りに行く種類になってしまいました。そんな関東某所のオオセスジイトトンボ写真は、シーズン中に2つほど撮影記化していますが、今年のまとめということで、そこに載せていなかった写真を集めました。

 地元の生息地では、シーズン近くなると毎週出かけていたこともあって、5月末くらいから見掛けることが有ったのですが、今年はそんなに頻繁に出かけられないので、初撮影は6月10日。既にある程度季節が進んでいたことと、今年から長靴に変えてヒップウェーダーを導入したことも有り、初回撮影から沼の内側では、青く成熟した♂の姿を撮影できました。

【GANREF転載】'17シーズン トンボ撮影振り返り (9) グンバイトンボ

 グンバイトンボは、関東近辺での生息地がかなり少ないイトトンボ類です。さらに近年のゲリラ豪雨の影響で、川筋の生息地が流されたりすることも増えたので、なおさら見かけることが困難になりつつあります。
 2年ほど前から撮影しているのですが、アプローチしやすいポイントでは個体数が少ないので、来年は撮りに行こうかどうしようか、結構迷っています。ただ、このトンボの生息環境近辺は、撮影を抜きにしても色々と魅力があるのと、他にも様々な流水域のトンボが見られるので、そちらをメインに出かける事は有るだろうと思ってます。また、2年前の豪雨で流されてしまったというポイントで、少しずつ環境が復活しつつあるような雰囲気なので、それを見守っていこうかな、とも思ってます。

 関東近辺では、6月一杯くらいがこのトンボの活動期に当たるようです。今年は6月11日に、最初の♀個体が見られましたが、この日はこの1体だけしか確認できませんでした。グンバイトンボは、特に♀が普通のモノサシトンボとよく似ているのですが、よく見ると目盛模様が、下側に向かってやや後方に流れているところが違っています。また、後頭条が有るのもモノサシトンボとの識別点になります。

【GANREF転載】'17シーズン トンボ撮影振り返り (8) オオモノサシトンボ

 オオモノサシトンボは生息地が非常に限られた珍しい種類ですが、見た目には普通のモノサシトンボとの差が少ないので、写真を撮る上ではあまり希少感は無い種類でもあります。アオイト・オオアオイトトンボとコバネアオイトトンボみたいな関係と言えるかもしれません。
 このトンボの生息地は、オオセスジイトトンボと被っていることが多いのですが、オオセスジよりはまだしも生息地が多いし、活動期間もこちらの方が長いようです。ベニイトトンボとも混生することが多く、時期的にもベニイトトンボと大体同じくらいのイメージです。

 ベニイトトンボと同じく、5月末にはすでに姿が見られましたが、まだ水面近くではあまり見られず、周辺の草むらの中に潜んでいる個体が中心でした。未成熟の♀個体は、こんな風に全体がオレンジ色っぽいのがオオモノサシトンボの特徴の一つです。

【GANREF転載】'17シーズン トンボ撮影振り返り (7) ベニイトトンボ

 2017年の振り返りも、春先のサナエ類・カワトンボ類が概ね片付いたので、続いて初夏のイトトンボ類へ入りますが、まずはベニイトトンボから。
 ベニイトトンボは、早い個体はGW頃から羽化し始めているようですが、イメージとしては初夏から真夏にかけて撮影するという感じです。どこでも見られるというわけではないですが、最近の環境保護活動などのせいか、意外にいろいろな場所でみられる種類ではあります。

 自宅付近にも生息地はいくつかありますが、個体数が多くて撮影しやすい場所ということで、近年メインで撮っている場所は千葉県の某沼。今年は5月末に出かけた時に、すでに成熟した個体が、水面周辺で見られました。