「プレゼン下手」な2つのタイプ その2

前回までの日記で、会社の若手に見られる「プレゼン下手」について、

  1. 自分の言いたいことだけを述べて、相手の立場に考えが至らないタイプ
  2. 参考文献やWebなどの情報を、自分で全く咀嚼せず、コピペしてしまうタイプ

の2種類が居て、1.のタイプについて考察してきた。今回はその続き。

 

 前回書いたように1.のタイプは、担当業務を考えれば割と何とかなる。だがこれに対して、2.のタイプは難しい。はた目には一見まとまったようにも見える資料を作る場合も有るし、通り一遍の発表はこなしてしまう場合もある。だからこそタチが悪いともいえる訳だが…、とにかく本人はそれなりにまとめた気分になっているので、何が悪いのかに気付きにくいのかもしれない。

 しかし、そういう「一見まとまっている内容」というのも、ちょっと深く突っ込んだ質問をされると、途端に破綻してしまう。「~に書いてあったから…」「貰った資料の~をコピーしました…」という答えしかできず、本人がそれをどう理解した上で他人に伝えようとしているのかという、レポートやプレゼンでは根本的な部分が欠落している。だから、聞いてる方からすると「その資料やWEBページを見れば済む話なの?」となってしまって、困ってしまう事になる。しかもその場合、本人は「そんな細かいことを聞かれても…」と不満に思っているケースも多いので、指摘・叱責も逆効果になりかねない。

 極論だが、こういうデータを自分なりに咀嚼できず、生のまま提示してしまう人間は、根本的に研究・開発職には向いてない。研究開発は、出てきた結果を分析し、如何にフィードバックループを回して改善していくかが重要なので、そもそも分析しようと考えない人間には困難だと思う。

 こういったタイプには、研究開発よりも、工場ラインの生産管理であったり、技術職以外の事務部門の方が向いているのではないかと感じる。ただそれでも、一般職の場合は良いのだが、監督層・管理層になっていくと難しい面が出てきそうなので、先々問題が出てくるのかもしれない。でも、そこまでは面倒見切れないというのが本音でもあるかな…。

「プレゼン下手」な2つのタイプ その1

昨日の日記で、会社の若手に見られる「プレゼン下手」について、

  1. 自分の言いたいことだけを述べて、相手の立場に考えが至らないタイプ
  2. 参考文献やWebなどの情報を、自分で全く咀嚼せず、コピペしてしまうタイプ

の2種類が居るのでは、という事を述べた。今日はもう少し進めて、具体的に考察してみようと思う。まずは前者のタイプから。

  1.のタイプは、良く言えば「昔ながらの研究職タイプ」といった所で、報告している内容の正確さに関しては概ね問題無い。むしろ、詳細に検討してデータを取っていることも多く、自分なりに考察もしている。ただ、その「伝え方」に対して意識が欠落しているため、結果として相手に伝わらない報告をしてしまう事になる。で、どの辺の意識が足りないかと言うと、

  • 実験した当人しか到底理解できないような細かいデータを、枝葉末節の部分まで事細かに報告しようとして聞いている人が理解できなくなり、時間もかかってしまう
  • 実験や作業の内容を、自分の行った順番に報告することにこだわってしまい、聞く側の理解しやすい流れになっていない

という2点が主なもの。報告する場合は、聞いている人の立場に合わせて情報を取捨選択し、なおかつ聞き手の考える筋道を妨害しないような、報告の「流れ」をしっかり作るのが重要なのだが、そこがなかなか理解できないようだ。

 ただ、このタイプが進めている作業と結果は概ね信用できるので、例えば作業規格をまとめさせたり、標準手順書を作らせたりすると、能力が発揮されやすい。それと、細く狭い所にどんどん潜航していく傾向が有るので、あまり複数の内容を並行して任せるには向かず、むしろやや難しく手間のかかる作業を任せてしまう方が結果が出やすいと思う。ただ、その分本人に周囲が見えていない可能性が高いので、こっちの方で時々、深海から引き上げてやる必要が有る訳だが、その時期とバランスを測るのが難しい所なんだよなぁ…。

「プレゼン下手」「レポート下手」な若手に思う事

 会社の日常仕事で、大体月に数件、若手のプレゼン資料(PowerPoint)や報告書(Word)をチェックすることになる。別に、ジョブス張りのプレゼンをしろとか、学術論文張りの報告書を書けとか、そんな無茶を言っている訳じゃない。単に聞いたり読んだ人が、その人の実験や試作開発の結果を理解できるようにと日々言っているのだが、どうしてもそういう書き方ができない若手が数名居る。

 本人に指摘しながら色々聞いても、「私はどうもプレゼンが下手なんで…」という事で済ませてしまう。「そういう話じゃないんだよなあ…」と思って手を変え品を変えて教えても、根本的に理解できないのか、一向に改善しない。どうも資料の作り方や文章の書き方ととらえているようだが、そうではなく「自分の考えをいかに相手に伝えるのか」という、もっと根本的な問題だというのがピンと来ないようだ。この辺りは、核家族化などの影響で、子供の頃から周囲の人に考えを伝える機会があまりなくなっているのかな、などとも思ってしまう。

 それはともかく、この「プレゼン下手」という若手にも、最近は2つのタイプが居るという事に、何となく気付いてきた。それは、

  1. 自分の言いたいことだけを述べて、相手の立場に考えが至らないタイプ
  2. 参考文献やWebなどの情報を、自分で全く咀嚼せず、コピペしてしまうタイプ

の2種類。前者は昔から一定数居て、いわゆる「プレゼン下手」はこのタイプだと考えていたのだが、最近は後者のタイプが急速に増えている。この手合いは、最近のネット社会とゆとり教育の弊害かもしれないが、それだと単純作業以外の仕事は難しく、会社の戦力、特に研究部門の戦力にはなりにくい。と言って、昨今の風潮ではあまりきつく言うと「パワハラ」という事になってしまうので、どこまで指摘するべきかは悩ましい所だ。

 さて、それぞれのタイプについての考察は、長くなってしまったので、また後日という事で…

【マニアネタ】顕微鏡のケーラー照明について その3

 顕微鏡のケーラー照明に関する話の3回目(最終回)。*1

 前回、開口絞りの機能を説明するための図を示して、

「開口絞りの端部では、フィラメントの上(下)端から出た光束が、開口絞りの下(上)端に集まるので、絞っていくとこれらの光束がカットされ、試料に深い角度から照射される光束が減っていく」

という事を説明した。考えている「一点から出た光」が開口絞りに結像しているので、比較的分かり易い話だと思うが、一方で視野絞りにはどういった光がカットされるかは若干つかみにくい感じがする。そこで見方を変えて、今度は試料の一点に入射する光がどのように伝播してくるかを逆向きに辿ってみる。これは、「試料の結像点に視野絞りが置かれる」事の意味を考えることになるが、それはとりあえず置いておこう。

f:id:furutone_tombo:20190211084037p:plain

試料中心(光軸上)に入射する光跡

 最初にもっとも感覚的に分かり易い、試料の光軸上に入射してくる光を考えると、このような実線だけの図になる。コンデンサを通した試料の結像点が視野絞り面に有り、その面はコレクタレンズの焦点面でもあるから、結果としてフィラメントの各点から光軸に平行に出た成分が、試料中心に、幅広い角度から入射する事が分かる。そして、入射する角度は、フィラメントの位置によって決まることもわかる。これは、前回の話とも一致する事。

*1:3回にわたって、一般にはほとんど必要ない知識を書き込んでみたわけですが、もしこの3回分を読んでの感想、あるいは間違いの指摘などありましたら、ぜひご指摘ください。自分でも、必ずしも100%正しいとは言えないような気もしているので、可能なら修正したいと思てってます。

続きを読む

【マニアネタ】顕微鏡のケーラー照明について その2

 顕微鏡のケーラー照明に関する話の続き(2回目)。

 ケーラー照明の優れている点は、照明光源が電球のフィラメントのように、点光源でない明暗ムラが有るものでも、視野の明るさが均質になる点と、開口絞りを絞ることによって、NAを下げてコントラストと焦点深度を増すことができる点。これを理解するには、光源フィラメントの各点から出た光が、どのような光跡でサンプルに到達するかを確認するのが良い。

f:id:furutone_tombo:20190210204440p:plain

フィラメントの光軸交点から出た光跡

 最初に、感覚的に理解しやすい、フィラメントの光軸上から出る光を考えたのがこの図。光軸上の一点から出た光は四方八方に広がるが、その内でコレクタレンズで集光される成分が、レンズの結像点に置かれた開口絞り面と光軸の交点に結像する。開口絞りの位置はコンデンサレンズの焦点でもあるから、コンデンサを通過した光は平行光になってサンプルのある幅の領域を照射する。この平行光は元々一点から出た光を引き延ばしたものだから、領域内の明るさは一定となっているはずだ。

続きを読む

【マニアネタ】顕微鏡のケーラー照明について

 最近、会社の仕事で、若手に光学顕微鏡について教えるという教育資料を作成した。3回に分けて、1回目は構造と光学原理、2回目は分解能とNAの話をして、3回目に照明に関する話をしたのだが、どちらかというと1, 2回目は3回目のための前置き、という位置付けになっている。それくらい、顕微鏡で使われる「ケーラー照明」というものは重要というか、光学的な英知が込められており、これを理解できれば、その他の顕微鏡の光学系に関する理解が大きく進む、と言っても過言ではない。

 

f:id:furutone_tombo:20190209104118p:plain

ケーラー照明のまとめ図

 その資料を作成するにあたって、色々なネット上のページや画像を参照させてもらって、非常に参考になったのだが、どの説明にも今一つ掴みにくい点が含まれている、と感じた。と言っても別に、参考にさせていただいた情報が間違っている訳ではない。ただ、あまりにも情報を詰め込み過ぎだったり、逆に説明なく省略されていたりで、自分の脳みそに落とし込むのに時間がかかったという事であり、自分の頭の悪さを露呈しているともいえる。

 そんな訳も有って、自分なりに納得できるような順を追って資料と図を作成したのだが、ひょっとしたら私と同じように悩んでいる人の参考になるかもしれない、という気分になってきた。特に秘密情報というようなものでもないので、このブログに公開しておけば、Google検索か何かで引っ掛ける人が出てくるかもしれない。ただ、興味のない人には本当に何の関連も無い話なので、そういう人はこれ以上読む必要は全く無いので、悪しからず。

続きを読む

宅配便ロッカー(PUDO)受け取りは「満杯」に注意

 今の世の中、ネット通販の受け取りで宅配便を使うことは多いけど、配達時間に家にいるかどうかは分からないので、最近はコンビニ配達か営業店止めにすることが多い。クロネコヤマトだと、会員登録しておけば、(多分)電話番号から追跡して、到着前に配達場所・時間を変更できるので、結構助かっている。

 最近になって、また配達場所を変更しようとしたら、自宅近所で選択できる宅配便ロッカー(PUDO)の場所が増えていることに気が付いた。これなら、誰にも手間が掛からないので、コンビニや営業所で受け取るより良いだろう、と選んでみたら、思わぬ落とし穴が。

  • 予定時刻を過ぎてもメールが来ないので変だなと思い、会員ページで状況確認したら、「不在(持ち戻り)」になっている
  • 「ロッカー預けなのに「不在」ってどういう事?」と不審に思い、荷物追跡の方のページを見たら、「状況」は同じだったが、上の方に「お届けに伺いましたがご不在のためお届けが完了しておりません。尚、宅配ボックスへのお届けは出来ませんでした。[宅配ボックスに空きがなかったため]」と理由が書かれていた

 という訳で、スーパーなどに設置されている宅配便ロッカーは、空きが無いと持って帰ってしまう上に、電話等で連絡してくるわけでは無いようなので、コンビニ配達や営業所止めの代わりにはならなさそうです。しかも、会員ページの荷物状況を見ても、意味が分からない表示しかされないので、「ロッカーへの配達完了のメールが来ないなあ?」と首を捻っている人は、荷物追跡システムの方で確認してみてください

 せっかく気を使ってロッカーを指定しているのに、こんな状況では使う人が居なくなってしまうのでは?せめて、

  1. ロッカーに空きが無い事を確認した時点で、すぐに電話をかける
  2. 会員ページの状況表示欄を「宅配ボックスに空きが無かったため持ち帰り」に直す

の2つは、速やかに改善してもらいたいものです。