【マニアネタ】顕微鏡のケーラー照明について その3

 顕微鏡のケーラー照明に関する話の3回目(最終回)。*1

 前回、開口絞りの機能を説明するための図を示して、

「開口絞りの端部では、フィラメントの上(下)端から出た光束が、開口絞りの下(上)端に集まるので、絞っていくとこれらの光束がカットされ、試料に深い角度から照射される光束が減っていく」

という事を説明した。考えている「一点から出た光」が開口絞りに結像しているので、比較的分かり易い話だと思うが、一方で視野絞りにはどういった光がカットされるかは若干つかみにくい感じがする。そこで見方を変えて、今度は試料の一点に入射する光がどのように伝播してくるかを逆向きに辿ってみる。これは、「試料の結像点に視野絞りが置かれる」事の意味を考えることになるが、それはとりあえず置いておこう。

f:id:furutone_tombo:20190211084037p:plain

試料中心(光軸上)に入射する光跡

 最初にもっとも感覚的に分かり易い、試料の光軸上に入射してくる光を考えると、このような実線だけの図になる。コンデンサを通した試料の結像点が視野絞り面に有り、その面はコレクタレンズの焦点面でもあるから、結果としてフィラメントの各点から光軸に平行に出た成分が、試料中心に、幅広い角度から入射する事が分かる。そして、入射する角度は、フィラメントの位置によって決まることもわかる。これは、前回の話とも一致する事。

*1:3回にわたって、一般にはほとんど必要ない知識を書き込んでみたわけですが、もしこの3回分を読んでの感想、あるいは間違いの指摘などありましたら、ぜひご指摘ください。自分でも、必ずしも100%正しいとは言えないような気もしているので、可能なら修正したいと思てってます。

続きを読む

【マニアネタ】顕微鏡のケーラー照明について その2

 顕微鏡のケーラー照明に関する話の続き(2回目)。

 ケーラー照明の優れている点は、照明光源が電球のフィラメントのように、点光源でない明暗ムラが有るものでも、視野の明るさが均質になる点と、開口絞りを絞ることによって、NAを下げてコントラストと焦点深度を増すことができる点。これを理解するには、光源フィラメントの各点から出た光が、どのような光跡でサンプルに到達するかを確認するのが良い。

f:id:furutone_tombo:20190210204440p:plain

フィラメントの光軸交点から出た光跡

 最初に、感覚的に理解しやすい、フィラメントの光軸上から出る光を考えたのがこの図。光軸上の一点から出た光は四方八方に広がるが、その内でコレクタレンズで集光される成分が、レンズの結像点に置かれた開口絞り面と光軸の交点に結像する。開口絞りの位置はコンデンサレンズの焦点でもあるから、コンデンサを通過した光は平行光になってサンプルのある幅の領域を照射する。この平行光は元々一点から出た光を引き延ばしたものだから、領域内の明るさは一定となっているはずだ。

続きを読む

【マニアネタ】顕微鏡のケーラー照明について

 最近、会社の仕事で、若手に光学顕微鏡について教えるという教育資料を作成した。3回に分けて、1回目は構造と光学原理、2回目は分解能とNAの話をして、3回目に照明に関する話をしたのだが、どちらかというと1, 2回目は3回目のための前置き、という位置付けになっている。それくらい、顕微鏡で使われる「ケーラー照明」というものは重要というか、光学的な英知が込められており、これを理解できれば、その他の顕微鏡の光学系に関する理解が大きく進む、と言っても過言ではない。

 

f:id:furutone_tombo:20190209104118p:plain

ケーラー照明のまとめ図

 その資料を作成するにあたって、色々なネット上のページや画像を参照させてもらって、非常に参考になったのだが、どの説明にも今一つ掴みにくい点が含まれている、と感じた。と言っても別に、参考にさせていただいた情報が間違っている訳ではない。ただ、あまりにも情報を詰め込み過ぎだったり、逆に説明なく省略されていたりで、自分の脳みそに落とし込むのに時間がかかったという事であり、自分の頭の悪さを露呈しているともいえる。

 そんな訳も有って、自分なりに納得できるような順を追って資料と図を作成したのだが、ひょっとしたら私と同じように悩んでいる人の参考になるかもしれない、という気分になってきた。特に秘密情報というようなものでもないので、このブログに公開しておけば、Google検索か何かで引っ掛ける人が出てくるかもしれない。ただ、興味のない人には本当に何の関連も無い話なので、そういう人はこれ以上読む必要は全く無いので、悪しからず。

続きを読む

宅配便ロッカー(PUDO)受け取りは「満杯」に注意

 今の世の中、ネット通販の受け取りで宅配便を使うことは多いけど、配達時間に家にいるかどうかは分からないので、最近はコンビニ配達か営業店止めにすることが多い。クロネコヤマトだと、会員登録しておけば、(多分)電話番号から追跡して、到着前に配達場所・時間を変更できるので、結構助かっている。

 最近になって、また配達場所を変更しようとしたら、自宅近所で選択できる宅配便ロッカー(PUDO)の場所が増えていることに気が付いた。これなら、誰にも手間が掛からないので、コンビニや営業所で受け取るより良いだろう、と選んでみたら、思わぬ落とし穴が。

  • 予定時刻を過ぎてもメールが来ないので変だなと思い、会員ページで状況確認したら、「不在(持ち戻り)」になっている
  • 「ロッカー預けなのに「不在」ってどういう事?」と不審に思い、荷物追跡の方のページを見たら、「状況」は同じだったが、上の方に「お届けに伺いましたがご不在のためお届けが完了しておりません。尚、宅配ボックスへのお届けは出来ませんでした。[宅配ボックスに空きがなかったため]」と理由が書かれていた

 という訳で、スーパーなどに設置されている宅配便ロッカーは、空きが無いと持って帰ってしまう上に、電話等で連絡してくるわけでは無いようなので、コンビニ配達や営業所止めの代わりにはならなさそうです。しかも、会員ページの荷物状況を見ても、意味が分からない表示しかされないので、「ロッカーへの配達完了のメールが来ないなあ?」と首を捻っている人は、荷物追跡システムの方で確認してみてください

 せっかく気を使ってロッカーを指定しているのに、こんな状況では使う人が居なくなってしまうのでは?せめて、

  1. ロッカーに空きが無い事を確認した時点で、すぐに電話をかける
  2. 会員ページの状況表示欄を「宅配ボックスに空きが無かったため持ち帰り」に直す

の2つは、速やかに改善してもらいたいものです。

JASRACの音楽著作権ビジネス

 ネット上のニュースを見ていると、最近、JASRACの徴収に関する話題で議論が沸騰するのをよく見かける。非難・擁護こもごもでは有るが、どの話題でも出るのが「包括契約なんて不透明なやり方が良くない」という意見。だが、この意見は今時的を射ていません。なぜなら、包括契約で最も大口の利用者であろう、テレビ・ラジオ局は、包括契約を結んだ上で、今ではほぼ全曲を方向くしているらしいからです。

 つまり、包括契約自体が不透明ではなく、「包括契約だからと言って、使用曲を報告しなくて良い」というやり方を容認している、業界の常識が不透明感を生んでいるんでしょう。まあ、CDなんかをBGMに使っている喫茶店とか商店にまで全曲報告を義務付けるのは過剰だと思いますが、少なくとも明らかに「音楽でメシを食っている」ようなライブハウスなどについては、全曲報告を義務付けるか、演奏者の方に報告をさせるように改めるべきじゃないでしょうか?これは、JASRACだけでなく、ライブハウス等とアーティストの意識も見直すべき問題だと思いまs。

 そんなことを義務付けたら、演奏者やライブハウスの負荷が増えて潰れるかも、と言われますが、今時、製造業でも農業でも、色々な規格の関係で事細かに記録を取るのがごく当たり前になってます。音楽業界だけそれが出来ないというのは、甘えと言われても仕方ないんじゃないでしょうか。正直言って、自分のメシのタネに対してその程度のこともできないのなら、淘汰されても仕方ないと思います。

 少なくとも、報告すべき曲を報告すれば、JASRACに対する不透明感というのは、「正確に分配されているのか分からん」という点に集約されるでしょう。そうなれば、いずれどの曲がどれだけ使われたのかというデータなどを、広く世間で参照できるように変わっていくかもしれません。今の音楽業界というのは、JASRACを筆頭に、あまりにも時代遅れじゃないでしょうか?

日食を安全に観察する方法

 本日(1月6日)、50%以上が欠ける部分日食が観察されました。ニュースなどでは盛んに「直接太陽を肉眼で見ると、目が損傷する危険性がある」と注意を促していましたが、一々そのために日食観察用のフィルターを購入するのは面倒でしょう。そんな人には、目には絶対安全な方法で身近なものを使って観察する方法をお勧めします。

 その方法は、「ピンホール投影」と呼ばれるやり方で、小さい穴を通した光をその穴から十分に離したt場所に写して形を見る方法です。適当な穴開きのものが無ければ、紙や発泡スチロールに楊枝などで穴をあけても良いですし、何なら5円玉や50円玉の穴でもなんとかなるでしょう(多分)。

 ものすごくクッキリはっきり見えるという訳ではないですが、ぶっちゃけ、部分日食は望遠鏡や望遠レンズでクッキリと拡大して見ても、それほど面白い姿という訳ではありません。ですから、太陽が欠けている状況を実感するだけなら、このピンホール投影で十分という気がします。

f:id:furutone_tombo:20190106163259j:plain

40~50%程度欠けた時間帯のピンホール投影

 本当は、木漏れ日が地面に写るのを見るのが、重なりや風による動きで面白い姿になるのですが、今の季節は葉が落ちてしまっている木が多いのと、太陽が低くて地面に写すと斜めに伸びてしまうのとで、今一つという所でした。

白馬の絶景ライブカメラ

 昨年から今年にかけて、長野県の白馬村に何度か泊まりに行ってます。元々は高地のトンボを撮りに行くつもりだったのですが、今では村から眺める北アルプスの眺めに魅了されています。その時の宿はいつも「白馬ハイランドホテル」という所なのですが、ここは部屋や露天風呂からの抜群の眺めにもかかわらず、宿泊費が結構リーズナブルなので、特別にゴージャスな宿を求めない人にはかなりお勧め。

 それで、もちろんその景色は自分の目で見るのがベストなんですが、このホテルの屋上にはライブカメラが有って、北アルプスの姿を毎日映し出しています。しかも、15分ごとの写真が確認できるページが作られていて、それを見るのが毎日のひそかな楽しみになっています。

f:id:furutone_tombo:20181223141529j:plain

2018年12月21日12時44分

続きを読む