読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユザワヤのスーツが仕上がってきた

日々の生活

 注文していた、ユザワヤのイージーオーダースーツが仕上がってきた。2着で¥39,800と非常に安いモノなので、どんな仕上がりになるのか期待半分、不安半分というところだったが、見た感じ、仕事で着る分にはまずまず問題無さそうなモノが出来てきたので、まずは安心した。以前興味本位で作ってみた、イトーヨーカドーの安物イージーオーダースーツよりはマシな仕上りになっているような気がする。

 このブログのアクセス解析では最近、ユザワヤのイージーオーダーのWeb検索に引っかかっている比率が高いので、出来上がったスーツについての印象なんかをつらつら書いて見た。

f:id:furutone_tombo:20170323223015j:plain

続きを読む

新橋の一人晩飯処 ~新橋駅前ビル1号館編~

日々の生活

 新橋駅西側すぐのニュー新橋ビルに対して、東側直結なのが新橋駅前ビル。1,2号館が有るが、2号館の夜は完全に飲み屋しか無いみたいなので、晩御飯を食べるとなると1号館になる。1号館の方の雰囲気はニュー新橋ビルに似ているが、食事主体の店はやや少ない。そのため、足が向きにくく、まだまだ開拓途中と言ったところ。今後、内容はボチボチ更新していく予定。

 そんな状況だが、一応一人で遠慮なく食事ができそうなお店をリストアップしておく。

続きを読む

新橋の一人晩飯処 ~ニュー新橋ビル編~

日々の生活

 長距離都心通勤が始まってそろそろ2ヶ月が経つ。生活のリズムもほぼ固まってきて、出張とか外出直帰とかがない限り、晩御飯は新橋駅周辺で取ることが多くなってきた。そこで、ちょっとした覚書的によく行く店、言い換えると一人でも遠慮なく晩御飯を食べられる店をリストアップしておく。まずは、駅の西側、SL広場の南側に有るニュー新橋ビルの店舗群。

 スタンド主体の簡単な店が多く、ササっと食べて帰路につくには最適だ。理由は知らないが、かつや系列の別業態店が集まっていて、チェーン店とは言え他ではあまり見ない店なので、結構使い出が有る。ただ、こうしてリストアップすると、栄養バランス的にどうかな、と思う店が多いので、毎日ここらで食べる訳には行かない感じだ。

続きを読む

5,000円のスーツを引き取ってきた

 以前の記事で書いていた、大丸のセールで買った5,000円のスーツ。ネーム外しとウェスト補正のお直しから上がってきたので、引き取ってきた。デパートで販売している格安のスーツがどんなものなのか、興味がある人も居るかもしれないので、何枚か写真を上げておく。

 今回買ったのは、 わずかに明るいグレー地に細めのストライプ柄、2ボタンでセンターベントというオーソドックスなタイプのスーツ。AITOZという会社の「David Hicks」というブランド?のスーツだ。WEBで見ると、スーツ以外に作業着やユニホームなども扱っているらしい。会社自体は大正時代からの歴史が有るみたいだが、そういう業界に全く疎いので、どういう会社なのかとか、ターゲット層が何歳くらいかとかはよくわからない。このスーツは、「Japan Classico Collection」という、国内での縫製にこだわっているラインだということだ。

f:id:furutone_tombo:20170312090736j:plain

続きを読む

【2016年版】マルタンヤンマ(GANREF撮影記より転載)

 夏の昼間のマルタンヤンマは、薄暗い林縁にぶら下がっているので、基本的には補助光を使って撮ることになります。補助光については色々試行錯誤していますが、比較的手軽に使えるのが、レンズ先端に取り付けるリング状のストロボ。LEDの製品も有りますが、光量が全然違って明るいので、使い勝手はこちらの方が圧倒的に上。マルタンヤンマの青色も綺麗に出ます。

続きを読む

晩飯を新橋で食べている理由

日々の生活

 ここのところ、仕事帰りの晩御飯は、新橋駅で途中下車して食べることが多い。昼御飯を取らないので、極力早めに食事をしたいということも有るし、路線の乗換駅ではないものの、上野東京ラインの乗り換えができるということもある。ただ、それだけなら乗換駅の東京・上野・日暮里・北千住辺りのどこで食べても構わないはずだ。にも関わらず、最近は新橋で食事を撮ることが多い理由を、改めて考えてみた。

続きを読む

【2016年版】ハネビロエゾトンボ(GANREF撮影記より転載)

トンボ

  主に関東平野分で撮影をしていると、エゾトンボ類はあまり馴染みが無いのですが、ハネビロエゾトンボだけは別。毎年出かける撮影地では、細い人口水路上を、このトンボが長いホバリングを交えながら飛び回るので、動きの有る飛翔姿を用意に撮影できちゃいます。また、この撮影地の周辺には、羽化して間もないアカネ類やカトリヤンマなどが高密度に潜んでいるポイントが有るので、ハネビロエゾ以外にも色々撮影できるのも楽しい所です。

続きを読む