読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダークスーツの生地色は分かりにくい

日々の生活

 そう言えば、今回何店かイージーオーダースーツの店を回ってみて思ったんですが、ダーク系のスーツの生地色が結構分かりにくいのに難儀しました。

 定番なのはグレー・紺・黒ですが、明るい色合いのものはひと目で見て分かりますが、ダークになればなるほど、一見しただけでは分かりにくい。そりゃあそうかもしれませんが、これはグレーかな、と思うと紺だったり、これは黒だろ、と思ってもやっぱり紺だったりで、店員さんに聞かないと分からないものが大部分。今回はグレーを作るつもりで行ったので、かなり生地選びが難航しましたが、肩のこらない店のおかげでバカみたいな質問も出来たので助かりました。

  最終的に明るい照明の下で見てみると、確かにそれぞれの色合いが見えてくるんですが、照明の具合によっては本当に分かりにくい。濃い紺がグレーっぽく見えるものも多かったし、逆にグレーだけど若干色味が入っているものも有ったりで、意外に無彩色のグレー生地っていうのは少ないもんだと思いました。ひょっとしたら、自覚してないけど若干色弱の傾向があるのかもしれません。

 デパートのイージーオーダーのコーナーなんかは、ムーディーな照明で暗めな場所も多いので、今後そういうところで作る時は気をつけなければいけませんね。格式高げな所では「この記事は紺?グレー?」なんてことは聞きにくいのですが、いざスーツが出来てきて、外で着たら思っていた色と違ってビックリ、なんてのは避けたいですから。