読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今更ながら通勤用のスーツを揃える

日々の生活

 部署替えで都心通勤になったことで、スーツでの通勤になりました。夏になれば、クールビズでラフな格好になるでしょうが、5月くらいまでは毎日スーツを着る事になります。

 一応、秋冬用のスーツは4着ほど持っていますが、最も最近に買ったのが確か10年程前… 元々そんなに着ていないのでヘタリも少ないですし、比較的体型変化が少ない方でまだ着られるのですが、流石に腹・胸周りがキツくなってきています。

 そこで、久しぶりにスーツを買う気になったのですが、私は体格が大きめの割に腕が短く、最近の吊るしのスーツがあまり合わないので、いつもイージーオーダーで作ってました。今回もどこかのデパートで作ろうかと思ったのですが、半年限定の仕事のために、自分のお金をあまり掛ける気にもならないので、安めの所をいくつか当たってみました。

  まず、都心部でよく見かけるエフワンとかビッグビジョンを考えましたが、わざわざ休みの日に都心に出かけて作りに行くのも面倒だな、と気分が萎えてやめました。地元近くで、休日に車で行ける店舗ということで、岩槻の花菱には行ってみましたが、価格帯の割には店舗の雰囲気を出し過ぎているでイマイチ気に入らないのと、土日はかなり忙しそうで、ゆっくり相談もできそうにないので、しばらく中を眺めて退散しました。

 次に、以前に興味本位で作ったことの有るイトーヨーカドー(今回はアリオ鷲宮ですが)では、冬物のセールをやっていて、1着なら結構リーズナブルに作れそうでしたが、何せ店員さんが全く姿を見せないので、何も聞くことが出来ません。あまり積極的には売りたくないのかと思って、一応生地と値段だけ見て帰りました。

 最後に、春日部のイオンモールに最近になってユザワヤが入って、スーツのイージーオーダーもやっているので、こちらも覗いてみて、結局ここで注文しました。

 店ではメインの手芸用品の奥の方に生地が並んでいたので一通り見てみると、一番安いクラスで2着39,800円、イギリス製生地で2着59,800円というセールをやっていて、他店の1着分で2着作れるという感じ。接客用のソファなどもなく本当に大丈夫なのかとも思いましたが、生地を眺めてるとスーツ専門らしい初老の店員さんが出てきて、生地の説明なども気さくにしてくれました。これはこれで気楽で、紳士服屋の偉そうな雰囲気が嫌いな人にはかえって良いかもしれません。

 今回は初めてなので、まあ安いやつで様子を見ようということで、2着398のラインで選ぶことに。元々はミドルグレーの織柄かストライプで作ろうと思っていたのですが、ウール100%ではちょうど良い感じの生地が無く、迷った末どうせ安いものだしということで、一着はウール70%ポリ30%の生地を試してみることにしました。もう一着は、ほぼ黒に近い紺の地にライトグレーの細いストライプで、ウール100%の物があったので、こちらはすんなり決定。

 その後デザインやオプションを決め、採寸をして、モデル服を合わせて最終的に寸法を決めるというよくある作業をして終了。途中、中年女性の店員さんが入って仕様のメモを取ってましたが、これはココの店舗が開店して2ヶ月位しか経っておらず、まだ注文が少ないせいで実習をしていたのかもしれません。採寸自体は最初の初老の店員さんが全部行ったので、素人に近い人に採寸されるということは無さそうです。

 まあ、あまりの安さや店構えに抵抗がなければ、話の種に一度くらい作ってみても良いか、という印象でした。さてさて、一体全体どんなスーツが出来上がってくるのか、乞うご期待。