読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月から都心通勤

日々の生活

 2月一日から、東京の都心部・山手線沿線に勤務地が変更になりました。

 これまでの職場は埼玉北東部のやや田舎で、中途入社で勤務地が分かっていたため、徒歩で20分位のアパートを借りて、日々のんびり通勤していました。ところが、今度の職場は片道で正味2時間位… これまでと比べて、確実に1日あたり3時間以上が無駄になる生活になってしまいました。

  本来なら引っ越したいところですが、そっちへの勤務期間が約半年ということで、その後は戻ることになっているので、そうなると引っ越すわけにも行きません。都心部の糞高い家賃を払う気にもなれませんしねえ。

 この変更にともなって、6ヶ月の通勤定期を買ってその値段に目を見張ったり、通勤に必要なスーツ・シャツ・鞄・靴などを揃えたり(これまでは私服通勤、職場では作業着だったので…)と、色々久しぶりの買い物に回ったりしています。そのへんで思ったことなどは、ボチボチ書いて行こうかなあ、と思ってます。

 それにしても、往復4時間の通勤となると、日々午前6時半に家を出て、帰るのは早くても午後9時くらい。となると、一人暮らしでは最早、平日は帰って寝るだけの生活で、土日は溜まった洗濯や掃除を片付けている間に過ぎていってしまいます。慣れていないことも有るでしょうが、日常の余裕を全て削ぎ落とした生活になってしまいました。

 趣味の写真を撮りに行く暇もなくなり、毎日が至って詰まらなくなりました。まあ、半年の我慢と割り切って、せいぜい普段は味わえない都会の雰囲気を満喫するべきなんでしょうが、この生活に慣れるにはかなり時間がかかりそうです。